マタイ12:46-50

“神を父とする家族”  内田耕治師

 

読めばすぐ分かるが、私達に問いかける箇所だ。イエス様が集まった群衆にみことばを語っていたとき母と兄弟達がやってきた。彼らはお話を聞こうとはしないで外に立っていた。人々が“おかしくなった”と言うイエスを家に連れ戻すためだった。家族に頼まれたある人は母と兄弟達が来ていることをイエス様に告げると、イエス様はそっけなく「わたしの母や兄弟達とはだれか?」と語った。家族との断絶を引き起こすような言い方で家族は頭に来ただろう。

さらにイエス様は弟子達に手を伸ばして「わたしの母、わたしの兄弟達です」と心配する家族よりも弟子達が本当の家族のような言い方をした。家を出るつもりなのか?けれども、これは肉の家族とは違う神の家族の誕生を宣言したという意味がある。神の家族とは何かは「天におられるわたしの父のみこころを行うなら、その人こそわたしの兄弟、姉妹、母なのです」が表している。

神は肉の家族を造り、その後で神の家族も造られた。私達は肉の家族として生まれた後、イエス様を信じて神の家族に入る。神は私達を招いている。私達は肉の家族であることを続けながら神の家族に入る。けれども、この時点では母も兄弟達もそんなことは分からない。彼らは頭に来たり心配したり、イエス様は平和な家族に剣をもたらすようなことをして大いに波風を立てた。だが、どうしてそうしたのか?肉の家族を心から愛していたからだ。

伝えなければ家族は神の愛を知ることが出来ない。だからイエス様は波風を立ててでも神のみこころをストレートに語った。この箇所にその後のことは書いてないが、家族はやがてイエス様を理解し、メシアとして信じるようになった。その様子は聖書の所々に出て来る。連れ戻しに来た兄弟達がヨハネ7章では「自分で公の場に出ることを願いながら、隠れて事を行う人はいません。――自分を世に示しなさい。」と格段に理解があり協力的な態度に変わる。その兄弟達は十字架の死と復活の後、イエス様を信じるようになり、その中でヤコブは初代教会の重要な人物となり、新約聖書のヤコブ書を書いた。母マリアは主の十字架の時には信じていたようだ。その証拠に十字架のもとにいた彼女と主の愛する弟子との間に美しい出来事が起った。イエス様が「女の方。あなたの息子です」と言い、その弟子には「――あなたの母です」と言うと年老いたマリアはその弟子に引き取られた。彼女はすでに神の家族に加えられていたからである。

イエス様の肉の家族は神の家族に加えられた。私達の肉の家族もそのようになる。そう言うと私達は“未信者の家族は聞く耳を持たない、私の行いが躓きになっている、私は上手く語れない、”など難しさばかりを考え口にする。だが、イエス様も初めは理解されない中に置かれていた。家族を愛するからこそ言葉巧みではないが、波風が立つことを恐れずストレートに語った。私はあえて波風を立てなさいとは言わないが、愛をもって人を恐れないで神のみこころをストレートに語ることは学ぶべきことではないだろうか。