ルカ23:32-38

“主は自分を嘲る者たちをその血で赦される”  内田耕治師

 

いよいよイエス様は十字架にかけられる。人々はひたすら主を嘲り、侮辱し、暴行するが、それらは預言の成就だ。2人の犯罪人と同列にする十字架は本来あり得ないが、主は「背いた者たちとともに数えられた」のだ。囚人の服を分け合う当時の習慣に従ってイエス様の衣は分けられたが、それは「彼らは私の衣服を分け合い、私の衣をくじ引き」にしたこと。議員たちはあざ笑い、兵士達は嘲った。イエス様は「私は虫けらです。人間ではありません。人のそしりの的、民の蔑みの的」となった。兵士達は“嘲り”の酸いぶどう酒を与えた。「嘲りが私の心を打ち砕き、私はひどく病んでいます。―――彼らは私の食べ物の代わりに毒を与え、私が渇いたときには酢を飲ませました」

イエス様の頭の上には「これはユダヤ人の王」の札が掲げられた。そのみっともない姿に人々は「おまえがユダヤ人の王なら、自分を救ってみろ」と叫ぶ。「しかし彼を砕いて病を負わせることは、主のみこころであった」もし、イエス様が十字架から降りて悪者達を打ち負かしたとしたら救い主にはなれなかった。むしろ酷い扱いをされたからこそイエス様は私達の救い主となることができた。

「父よ、彼らをお赦しください。彼らは、自分が何をしているのかが分かっていないのです」

赦しとは何か?それは裁かれるべきなのに裁かれずに済んだことだ。だから、この祈りの背後にはさばかれるべき罪がある。人々はイエス様を嘲り、あざ笑い、殴る蹴るの暴行を行い、十字架にかけ「自分を救ってみろ」と蔑んだ。それは預言の成就であるとともに、さばかれるべき彼らの罪だ。彼らは裁かれても仕方がなかった。けれども、イエス様の祈りで赦された。ところで、人類の長い歴史には裁かれても仕方がない罪がたくさんあった。今もとんでもない罪がある。もしも神がその罪をまともに裁いたとしたら、人類はとうの昔に神のさばきによって滅ぼされていた。けれども、イエス様の祈りがあったから人類は赦されて滅ぼされることなく今日まで保たれてきた。

また今の私達もいろんな罪を犯しながら生活している。神の前に出たら、たちまち裁かれてしまうが、イエス様の祈りによって何とか赦されている。だから私達は2000年前の「父よ、彼らをお赦しください」という祈りによって生かされていると言っても言い過ぎではない。

その祈りの背後にはイエス様の十字架の血がある。罪は血を流すことで赦されると思ってイスラエル人は、動物のいけにえを献げていたが、それはやがて来るイエス様を表す型だった。だから私達の罪は、罪のないイエス様が十字架で流された血によってのみ赦される。今の私達はその血によってさばきを免れ、救われているのである。ところで「父よ、彼らをお赦しください」は、私達がイエス様の血による赦しを信じるならば自分の祈りとして祈ることができる。たとえば、罪に陥っている人のためや、普通に生活しているがまことの神を知らない人達のために祈ることができる。

さらに祈っていると、身近にいる祈るべき人に気づく。それは自分自身だ。私達はキリスト者であっても神のみこころから遠く離れた自分の現実に気づかされる。みことばがそれを教えてくれる。「もし自分のうちに罪はないと言うなら、私達は自分自身を欺いており、私達のうちに真理はありません」「もし罪を犯したことがないと言うなら、私達は神を偽り者とすることになり、私達のうちに神のことばはありません」はそのことを鋭く指摘する。だから「彼ら」を「自分」に代えて「父よ、こんな自分をお赦しください」と祈ろう。そういう祈りによって神の前にへりくだろう。